スプリングバレーブリュワリー京都に行って来ました

SURUNG VALLEY BREWERY 京都に行って来ました

こんばんは、お酒のタニーズ 専務の中川です

今週の火曜日に京都に9月6日にオープンしたスプリングバレーブリュワリーに行ってきました。

建物もかっこいいでしょ?古い建物をリノベーションしてるので当時のままの物もたくさん合ってとてもお洒落です。裏には大家さんが住んでいたりします(笑)最近のクラフトビール人気もあって女性のお客さんもたくさん来られていましたよー。

スプリングバレーとはキリンビールが大元ですが、クラフトビールの専門店で一般に販売されているキリン一番搾りやラガービールなどは置いてなく、クラフトビールオンリー。5種類のクラフトビールと京都限定のビール、それにそのビールに対してマッチングのいい料理がたくさんあります。

定番の5種類のクラフトビールはブリュワー(作り手)が全部違い、個性のあるビールに仕上がってます。ちなみにクラフトビールはわざと泡をつけません。普段飲まれるビールは「のどごし」の部分を強くするため、泡で蓋をしている状態が良いとされますが、クラフトビールは「香り」なども楽しめるように泡はあまりつけないんです。上面発酵(のどごし)と下面発酵(香りやコク)など作り方が多少違いますんで楽しみ方が違うと思っていただければ良いのであまり難しく考えなくて大丈夫です。極端な言い方をすればクラフトビールはワインのようなものです。

この料理にはこのビールが合う。もちろん、デザートとのマッチングもあります。例えば、上の写真の真ん中のビールは苦味もコクもあり、クセの強いビールです。飲み比べのビールなのに最後まで残っていました。でもこれが最後に頼んだデザートに合うんです。チョコやアイスとの相性がバッチリ!感覚的にコーヒーみたいな感じで飲めるビールなのかなって思います。

他のクラフトビールもこのように分かりやすくマッチングのいい料理との組み合わせを書いてくれています。クラフトビールのことなんて全く分からなくてもメニューを見たり、スタッフさんに聞けばすぐに分かるので専門性がなくても大丈夫です!

 

それに世界で4台しかない機械で出来立てのビールを飲む事ができます。目の前で作ってくれるのでこれは是非体験していただきたいです!

中に見えるのはホップです

とても濃厚で香りのあるビールです。何かと合わすというより、このままの出来立てのクラフトビールを味わっていただくというのがオススメです。見学は大変混み合うので、席に座ったらすぐに予約しておく方がいいですよ!

 

他にもビール関係の本やスプリングバレーのグッズもあってとても面白いですよー。

 

僕が行った京都の他に東京、横浜にもありますので、ビール好き・クラフトビールに興味がある人は一度行ってみてくださいね!
時間は2時間半と決まっていますが十分に楽しめます!予約は必須ですよーー。

 

SPRING VALLEY BREWERY ←こちらをクリックするとホームページにアクセスできます!

 

同じビールでもまたいろんな楽しみ方があります。でも1番大切なのは知識ばかりが先行して難しく考えるのではなく、友達や大切な人とその空間を楽しむという事が1番です。クラフトビール片手に笑い声が絶えない場所がまた増えたらと思います。

 

 

 

今日は以上です。ではまたまたーー。

 

 

お酒のことなら

〒768-0013
香川県観音寺市村黒町800
有限会社 タニーズ
電話番号:0875-25-3666
FAX番号 : 0875-25-9555

 

僕、中川浩行のSNSです。

image1  image3  image4

よろしければ覗いてみてくださいねー♪

 

 

 

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。お酒の配送や飲食店さまのメニュー提案、お酒の販促、そして何よりお酒で繋がる笑顔のサポートをしています。Facebook、Twitter、Instagram、ブログも日々発信。趣味はゴルフ、お酒を飲むこと。好きな球団は広島カープです。エクスマ塾84期 マックスブログ塾10期