久しぶりに発症してしまいました

この症状が出るには原因があります

こんばんは、お酒のタニーズ 専務の中川です。

今日は持病で悩んでる方も多いと思います。そんな僕もその一人。では持病とは

持病(じびょう)とはいつまでも治らない病気を総称する言葉。宿痾(しゅくあ)とも。

一過性の病気(風邪など)や、重症かつ治療中の病気以外の、慢性的または断続的長期にわたる病気であればどのようなものでも持病と表現されることがある。さらに、医師の診察を受けて治療中である慢性的な疾病のみならず、本人が長期に自覚している症状も持病と表現するため、種類や原因は多岐にわたる。

また、比喩的に、直らない(特に、悪癖)、工業製品の特定の部位が繰り返し故障することも持病と称する。

ウィキペディアより

 

皆さんも色んなものを持っているかもしれません。腰痛や肩こりなんてのは本当によく聞くし、本当に何十年もその持病とお付き合いされてる方もいますよね。

そんな僕にもよく出る症状が。最近はおさまっていたんですが久しぶりの発症でしたねー。

 

 

はい、二日酔いです。

 

もうかれこれ20年くらいのお付き合いですが未だに治りません。そこで僕がよくなる症状と原因を探ってみました。

 

症状:吐き気、頭痛、胃のむかつき、やる気が出ない、変な汗が出る、ポケットにアメ玉が入っている

 

主な原因:飲み過ぎ、食べ過ぎ、寝不足、カラオケですぐに延長する

などが上げられます。

 

そんな二日酔いという持病持ちの方もたくさんおられますが、酒も売るが酒にも飲まれる酒屋の私から対策があります。

 

対策① 水分をしっかり取る。

できればお酒の飲む席の途中で水を飲んでいただきたい。チェイサーや和らぎ水と言って、お酒を残さないためには最適な方法と言えます。数杯飲んだら次の注文と一緒にお水も頼んで飲むととても効果的です。できれば最初から頼んでおくのが良いのですが乾杯など飲み会の雰囲気もありますからね。

 

対策② 空腹で飲みすぎない

胃の中に何もない状態でアルコールを摂取すると吸収率が良いので酔いやすいです。飲む席では料理を食べながらゆっくりと飲まれることをお勧めします。料理や友達、仲間との会話を楽しみながら飲むと楽しいですしね!

 

対策③ 僕はこれがこの持病への最高の対策だと思っています。ただ、未だかつて対策できたことはほとんどないので、これから先もこの持病と長いお付き合いになりそうです。

 

それは・・・

 

 

調子に乗らない!!

 

 

これです!!大体ノリます!飲むと調子にノリます!!
アラフォー中川、これからもお酒に飲まれながら楽しみます!!

 

 

それではハッピーハロウィン!!

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。「その先の笑顔の為に」を理念に飲食店さんを全力サポート!もちろん一般小売・全国発送もしています。広島カープ、ゴルフ、お酒を飲むことが好き。そして何より仕事も趣味も仲間とワイワイ楽しむのが1番好きです!ビアテイスター、ビール検定2級