クラフトビールを美味しく飲む3つのポイント

こんばんは、お酒のタニーズ 専務の中川です。

寒い日が続きますねー!寒い日が続くと鍋とかおでんなんかが食べたくなりますよね!そんなアツアツの料理には熱燗ってのもいいですが、やはりビール!!

ビールも最近はたくさんの種類が出ていますね!クラフトビールの人気も伴って認知度もすごく上がってきていると思います。そんなクラフトビールを飲む時になお美味しく飲める3つのポイントをあげてみました。もちろん私見が入ってる部分もありますのでこれが絶対に正しいというわけではありませんよ(笑)

クラフトビールもたくさんの種類があります!

 

全てのビールがキンキンに冷えたまま飲むのではない

ビールといえば冷えたジョッキに冷えたビールを飲むというイメージが強いと思います!たまに凍らしているグラスも見ます。「ビールは喉越し!」なんて言葉もよく聞くフレーズです。もちろん間違ってるわけではありませんがビールの種類にもよります。

これは僕らがよく目にするビールからそう思うのかもしれませんね。それは日本のビールはというか世界のビールのほとんどがピルスナータイプに属するからです。ピルスナーとは下面発酵で・・・ってなんか難しくなるのでここでは言いません。覚えていただくのはピルスナータイプはホップの苦味を感じながら香りを抑え、スッキリ飲めるということ。言葉にすると難しいのでいつも飲まれている大手メーカーのビールというのが一番わかりやすいと思います。

クラフトビールはエールやIPAなどのように上面発酵に属するビールが多いです。この種類のビールはホップの香りや苦味などを重視しているので個人的にはキンキンに冷やして飲むより冷蔵庫から出して5〜10分位待って飲むほうがより美味しいと思います。もちろん世界のビールには常温で飲んだりするビールもありますので一概にはいえませんがほとんどの上面発酵のビールには該当するのではないかと思います(もちろん冷やしたまま飲んでもいいよー)

これは人間の舌の味覚の関係もあります。熱すぎる味噌汁飲んでも、凍りすぎたアイスを食べても味がしないでしょう?それと同じでビールもできれば8度から10度あたりの方がいいと思っています。冷蔵庫は他の食品も入ってるんで少し温度が低めに設定しているから少し待っての方がよりホップの香りなどを楽しむことができるのでぜひ試して見てくださいね!

ホップの香りや苦味が楽しめますよ

 

無理に泡立てる必要なし

ビールといえば白とゴールドの色がすぐに浮かんでくると思います。白の部分は泡ですよね!泡はビールのフタの役目をして旨味を閉じ込めてくれます。サーバーで注がれるビールは泡のきめ細かさに魅力があります!
ただこれは先ほどいった下面発酵のピルスナータイプに適しています。上面発酵のエールタイプはホップの香りも楽しむというのも一つの良さです。ですのであまり泡づけしません。というか、上面発酵のビールは泡がつきにくい。なんで?と言われたら作り方が違うからと思っていてくれれば(笑)

*ホワイトエールは原料が小麦ですので泡付きやすいです

飲み比べの時こうやって出てくる場合も

もちろん注ぐ時に泡がつく場合があります。それはそれで大丈夫です。ビールですので(笑)
それに泡をつけて注がれて出てくるクラフトビールもあります。ただ、エールは泡がつきにくいというだけですので絶対に泡がないというのではありませんのでね。泡つきのエールだって美味しいですから!

ベアードビールのタップルームで飲むビールは泡付けしてくれてます!ただ、下面発酵より泡が長持ちしませんので注意っす!

 

タイプによってグラスを変えてみる

ビール=ジョッキのイメージが強いと思いますが、これもビールによって変わります。薄造りのグラス、シャンパンのように足のあるグラス、丸みのあるグラス、細長いグラス、ジョッキなどビールの性質を生かしたグラスとマッチさすことでさらに美味しさを引き立てることができます。

この部分はコレにはコレ!!とまだハッキリ言えないので勉強せねばと思っています。もう少々お待ちください!すいません(笑)でも個人的にはアルミ製のグラスはあんまり好きじゃないです。冷たくなるけど見た目が好きじゃない(笑)見て楽しむというのもビールの楽しみ方の一つなんで。

大ジョッキと餃子はやはりサイコー!

 

 

自分の好きなビールや温度、グラスを探すのも楽しみ方の一つ

今回はビールを楽しむ為の3つのポイントを簡単に書いてみましたが、あくまでも絶対にコレが正しいというのではありません。人にはそれぞれ好みがあります。ガンガンに冷やして泡づけせずに大ジョッキでグビグビ飲むのもビール。ブランデーグラスのような形で香りを楽しみながらゆっくり飲むのもビール。楽しみ方は十人十色ですからね!

この3点はあくまでも参考ですので、いつもと違う飲み方で楽しみたいなーと思った時に試してもらえればと嬉しいです!

 

 

 

今日は以上です。ではまたまたーーーー

 

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。「その先の笑顔の為に」を理念に飲食店さんを全力サポート!もちろん一般小売・全国発送もしています。広島カープ、ゴルフ、お酒を飲むことが好き。そして何より仕事も趣味も仲間とワイワイ楽しむのが1番好きです!Facebook、Twitter、ブログも日々発信してます!