美味しいビールの注ぎ方(缶ビール編)

こんばんは、お酒のタニーズ専務の中川です。

皆さんはビールを飲むときはどれがいいですか?居酒屋さんなど飲食店さんにある生ビール。仲間や友達と注ぎ合いができ、コミュニケーションが取れる瓶ビール。持ち運びしやすい缶ビール。その目的や用途によって分ける事ができると思います。
やはり生ビールがダントツの人気ではあると思いますが、実は中身って同じなんですよー。知ってました?

では生ビールの良さは?ってなるんですが、生ビールの良さはやはりビールサーバーのきめ細かな泡ではないかと思います。ビールサーバーはビール押し出すガスの圧力で出てきます。そのガス圧は季節によって調整するんですが最適なガス圧にしとけばビールが出るコックの部分からビールと泡と注ぎ分けできるので泡付けがしやすく美味しいビールになります。このような生ビールサーバーはやや知識がいるし、美味しい時間帯も短いです。生ビール樽を開封して約3日間が美味しい時期なので家庭にはやや不向きでもあります。

では瓶ビールは?と言いますと、家庭で飲むには僕が思う一番最適なのが瓶だと思っています。ビールはそのまま飲むよりグラスに注いで飲むのが一番美味しいです。もちろん瓶にライムやレモンを指して飲むビールもありますのでこの方程式が合ってるとは言いませんが、グラスに注ぐことによって泡付けもしやすくビールと泡の僕の黄金比立8:2(メーカーは7:3)になりやすいです。もちろん瓶は見た目もいいので飲む気がなおさらアップする感じがします。
ただ、デメリットもあります。それは冷蔵庫に置いてると邪魔になるんです。ビール専用の冷蔵庫があるご家庭はいいですが中々そういうわけにはいけないのが現状です。あまりにも場所を取る瓶ビールを冷蔵庫に置くのは肩身の狭いお父さんには大変勇気のいる行為かもしれませんよね(笑)

 

そこで缶ビール!実際僕も家では缶ビールが多いです。肩身が狭いからではないですよ!多分(笑)缶ビールって缶臭いから嫌とよく言われていましたが今はそんなことはありません。缶も進化していて今はアルミ缶だしビールを美味しく飲めるように最適な缶を作ってくれています。でも缶には少しデミリットがあります。それは泡付けしにくいと言う事です。先ほども言いましたように缶でもやはりグラスに注ぐ方が美味しいと僕は思っています。もちろん野外や出先などではそのまま飲めると言う手軽さが缶の魅力でもあるんですが、家で飲む時ぐらいはグラスに注いだ方がいいと思っています。そこで少し工夫をする事で缶でも泡付けがしやすくなるんです。

それがコレ!

 

この部分を親指でヘコますんです!!コレだけです(実際はもう少し上の部分でもいいです)あくまでも気持ちの部分ですがこうする事によって泡立ちが良くなりいい比率で注ぐ事ができます。

たまに缶で直接飲む方の中で「缶の方が炭酸がきついの?」と言われる方もいます。先ほども言ったようにタルもビンも缶も全て同じです。直で飲むとやはりキツく感じますが一緒だし、注ぐ間に多少の炭酸は抜けると思うのでそう感じるのかもしれませんね。
でもどうしても缶で美味しく飲みたい!そんな方には一番最適な注ぎ方はもちろんよく聞く三度注ぎ!!少し大きめなグラスを用意して高い位置から注ぎ、泡立たせて半分まで落ち着くまで少し待ち、次は先ほどより少し低い位置からグラスをに注ぎ、また落ち着いたら最後にグラスの縁までビールを注ぐ三度注ぎがベストだと思うんですが、YouTubeをご覧ください。

 

 

めんどくさーーーー!!

 

時間掛かってめんどくさーーーー!!!!!

 

そうです。確かに美味しんですがめんど臭い(笑)だって早く飲みたいですもんね!!

ですのでメーカーは推奨していないですがある程度の泡も付き簡単に早く飲める缶をヘコますのがオススメ!!コレをするとクセで野外で缶で飲むのにヘコましています(笑)していない人がほとんどだから目印になると言うメリットもありますがね!三度注ぎが待てないそこのあなた!気持ちですが違うようになるんでぜひ試してみてくださいね!!

 

今日は以上です!ではまたまたーーーー

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。「その先の笑顔の為に」を理念に飲食店さんを全力サポート!もちろん一般小売・全国発送もしています。広島カープ、ゴルフ、お酒を飲むことが好き。そして何より仕事も趣味も仲間とワイワイ楽しむのが1番好きです!Facebook、Twitter、ブログも日々発信してます!