好きのコミュニティーはやはり最強

こんにちは、お酒のタニーズ専務の中川です。

4月5日、6日と長野県白馬村へ行ってまいりました。何をしに行ったかというと

ビールを飲みに(笑)

「え?」ってなると思う方もいると思いますが、僕的には他にも理由があるんでそれは後から説明しますね!
今回も北はソビエト、南は長崎からビール好きが集まった「短パンビール部」に参加してきたんです。

何をするかというと、

かなりハードなスケジュール(笑)
ほぼビールを飲みに行ったで正解なんですが僕の場合は酒屋という職業柄もあります。クラフトビールの醸造所の見学やクラフトマンのお話が聞けるのはとても貴重な事なんで、それも楽しみで行ってまいりました。

 

クラフトビールの特徴は様々ですが、やはり現場で1番ストレート感じれるのがクラフトマンの「想い」の部分。今回も7月に販売するオリジナルビール「短パンビール」の製造も見る事が出来ました。オリジナルビールに少しでも携われる経験なんて中々出来ないんで本当に嬉しいです!!よくラベル貼っただけで「地域活性化になるビールだ!」なんてのも世の中にありますがそんなのはニセモノ。想いがないモノなんて売れてる時はいいですが、売れなくなるとすぐに嫌気がさして辞めてしまう(そんなのいっぱい見てきたなー)

代表のダンさんのお話を真剣に聞く参加者の皆さん

今回のような、好きな人が好きなものに「想い」を込め作り商品化する体験はそう滅多にあるもんじゃない。僕の参加理由の1つは間違いなくコレでした。

 

 

共通したものがるからこそ、距離が近くなる

そしてもう1つの理由はコレ。好きな集まりのコミュニティは先ほども言ったように共通点があるので、仲が良くなるのにさほど時間がかからないって事。お会いした事がある方もいましたが、中には初めて話す方もいました。そんな中でも好きなビール片手に大笑いしながら話したり、時には真剣な話をしたりと時間を忘れて話することができる。多分静かだったのははじめの5分くらいです(笑)
仕事でも遊びでも他の事でも目指す方向や向いてる方向が同じであれば上手く行く。好きなことや趣味のコミュニティーはそういた部分がとても強い。キャプテンでもある短パン社長事、奥ノ谷圭佑さんを中心にできるこのコミュニティを会社にしたら絶対に面白いんだろうなぁって思うくらいの感じでした。あ、気持ち悪いコミュニティーとの差はココね!世の中たくさんあるから。

尊敬する奥ノ谷さんと

このコミュニティの大事さを感じれた事は本当に貴重。「絶対に面白い」と感じてくれる会社作りはやはり大事!!面白いや楽しいは「サボる」という事ではなく「やりがい」って事。
僕の目指すべく会社はそんな部分が大きいですね!

 

そんな「短パンビール部」第2回は6月。その時にオリジナルビールの瓶詰やオリジナルのラベル張りが体験できます。第1回が終わったところなのに、早くも次が楽しみすぎて楽しみすぎて(笑)その時も好きなもので集まれる最高のコミュニティーをしっかり経験してきたいと思います!次にみなさんとお会いするまでにもっともっと仕事もプライベートも頑張って少しでも成長しておかないとね!

あ、発売は7月くらいで瓶ビールは当社タニーズでも販売予定です!!あ、最後は軽く宣伝です(笑)

6月も楽しみー!

 

今日は以上です!ではまたまたー!

 

 

 

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。「その先の笑顔の為に」を理念に飲食店さんを全力サポート!もちろん一般小売・全国発送もしています。広島カープ、ゴルフ、お酒を飲むことが好き。そして何より仕事も趣味も仲間とワイワイ楽しむのが1番好きです!ビアテイスター、ビール検定2級