自らが動き、しっかりとしたコミュニケーションを取るべき。僕が目指したいリーダー像。

こんばんは、お酒のタニーズ 専務の中川です。9月に入って初めてのブログ。と言うか1ヶ月ぶりです(笑)そんな今日は僕の考えるリーダー像。リーダーこそ、周りの人達に目を配れよと最近思うわけです。
よく「なんで俺の言ってる事がわからないの?」みたいな事をリーダーあるいは役員の方達はいいますがそれはあなたのせいだよと言う事です。

なぜそんな事を言うのかと言うと僕がそうだったから(笑)「僕が言おうする事、やろうとする事をわかってくれない。」と、数年前ずっと思っていました。結論で言うと伝わってないと言う事。もちろん実績というのもありますが、そんなものはすぐに付いてくるものではないです。では1番大切なのは「何度も何度も伝え続ける」と言う事だと思います。相手に自分の思いや、やりたい事を繰り返し言うしかないのです。だから自分が分かってるだけで相手は分かってないと言うのを前提で話をするといいと思ってます。

でもそこに問題が起こる事があります。それはコミュニケーション不足という事。伝えたい事を何度も言うにはその前にしっかりとしたコミュニケーションを構築しとかなくてはいけないと思っています。コミュニケーション不足の人に同じ事を何度も言われたら嫌ですもんね!「もういいから!ひつこいわ!」ってなる(笑)一朝一夕ではまず出来ないので毎日の継続が身を結ぶ訳です。そして、そんなにコミュケーションを取ってないのにも関わらず、言ってしまうことが「察しろ」と言う事。「最近の若いのは察することができない」なんて言ってませんか?ハッキリ言うけどそんなの無理です。

察する為には「相手の事を知り、自分の思いを話す事」が大前提で、他にもやらないといけないことなんてたくさんあります。だって1番コミュニケーションの取れた身近な家族でさえ話さないと伝わらないことなんてたくさんあるんです。それを同じ様にする訳ですから、相手に察しろと言うのはどれくらい難しい事かと思います。

コミュケーションをしっかり取り、しっかりとしたコミュニティを構築していく事がリーダーの仕事。そのコミュニティと作る為には、やはりリーダーであるべき人が1番動く事。毎日毎日の積み重ねが形になっていく。「俺の背中をみて」と言うのはそれが出来た大前提の話。みんなその部分をめんどくさいから飛ばしてしまう。でも僕の尊敬するべきリーダー達はその部分に時間を惜しんでいない。と言うか苦にも思わず楽しんでいる。

会社も地域貢献も全て同じです。リーダーが何と無くやっていたら何と無くの結果しか出ない。自分はやっているじゃなく、その評価を周りがする事。何と無くの時代はもう終わりです。リーダーが自らしっかりとコミュニケーションを取り、自分達がやろうとする事や思いをしっかり説明し行動して行く。そういったコミュニティを形にして行く事は時間が掛かるけど揺るぎないものになると思います。直接目を見て会話をする。SNSを使ってコミュニケーションを取る。様々なツールを使うべき。リーダーがふんぞり返って何もしないで物事が動くなんて事はまず無いです。

僕自身はまだまだで大きな事は言えませんが、自分が目指すリーダー像に少しでも近づける様、日々努力しないといけないなと思っています。

それが僕が目指すリーダー像

今日は以上です。ではまたまたーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。「その先の笑顔の為に」を理念に飲食店さんを全力サポート!もちろん一般小売・全国発送もしています。広島カープ、ゴルフ、お酒を飲むことが好き。そして何より仕事も趣味も仲間とワイワイ楽しむのが1番好きです!Facebook、Twitter、ブログも日々発信してます!