成功体験は自信へと繋がる事を子供から教わる

あれ?先週より上手!!

それが僕の率直な感想でした。なんの感想かというと子供の太鼓演奏。先週の土曜日にお祭りの時に叩いた太鼓演奏に比べて、その1週間後の運動会で叩いた太鼓演奏の方が断然上手でした。これは自分の子供が上手だったとかではなく、全体的にグンッとレベルが上がった感んじ。僕は太鼓自体は素人なんで技術の事とかはどうって言われたら分からないけど、そんな僕でも聞いたら上手くなってると分かったくらいです。園児達も何か堂々と見えたし、楽しそうに叩いている姿が今でも目に焼き付いています。

この演奏から変わりました

成功体験が自信に繋がる

その理由は運動会閉会の挨拶、園長先生のお話で分かりました。僕自身は運動会は毎年来ているのですが仕事の合間に来ている事もあり、いつもは子供達の出番が終わったらすぐに仕事に戻る感じ。ですが長男は年長さんで運動会の出場競技も多く、保育園生活最後という事もあって閉会式までいることにしました。その時、園長先生が言ったことです。

少し抜粋しますがこんな感じ。
「4月から練習を開始して中々上手くいかない事が続ました。でも諦めず練習を続けて、先週のお祭りで初めて最後まで失敗せず演奏できました。そこから1週間後の今日、先週とは比べ物にならないくらいの上達ぶりです。「成功が自信になる」これはまさに成功体験なんだろうなと先生達と話していました。」

 

自信は力になる

この「成功体験」を聞いた時に大人の僕たちも同じことが言えるんだろうなと思いました。今まで出来なかったことが「成功」という形で出来るようになる為にはたくさんの練習と時間が必要です。毎日の継続が成功を呼び寄せるんだと思います。でもその継続という基礎があるからこそ成功するのにも関わらず、その部分を面倒くさがり結果を求めようとしてしまう。それですぐに結果が出なければ、色んな言い訳を並べてやめてしまう。どんなにいい先生が凄い話しても受け取り側がそんな感じだったら結果なんて出ない(でもそんな人はセミナーや有名な講師の先生が大好き(笑))

でも継続無くして成功はあり得ない。継続させても成功するとは約束されてないんだけど、しない人は100%無い。もちろん誰だって最初から出来ないし、好きな事を続けると言っても最初から上手くなんて行かないから、いくら好きな事だっておもしろい訳が無い。おもしろくなかったら「これは好きな事じゃないからやめていいんだ」では無く、好きでやりたい事はおもしろくなるまで努力する事。そんな事を5、6歳の子供達から再確認させてもらった気がする運動会。僕自身もまた今日から少しずつでもいいから継続させて行こうと思う。

 

そして、園長先生の挨拶で言われた最後の言葉。

「帰ったら、たくさん褒めてあげてください」

この言葉は今まで継続して頑張った事がしっかりと発揮できたからこそ、言われた本人も嬉しいのかと思います。

 

よくがんばったね!

 

大人の僕らはいきなり成果を求めてませんか?

最初にやろうと決めた事を継続させてますか?

結果が出ないからってすぐにやめてませんか?

 

 

今日は以上です。ではまたまたーーー。

 

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。お酒の配送や飲食店さまのメニュー提案、お酒の販促、そして何よりお酒で繋がる笑顔のサポートをしています。Facebook、Twitter、Instagram、ブログも日々発信。趣味はゴルフ、お酒を飲むこと。好きな球団は広島カープです。エクスマ塾84期 マックスブログ塾10期