相手の気持ちをわかるには相手の立場になってみる事。赤門屋で感じた飲食店の素晴らしさ。

ども!お酒のタニーズ専務の中川です。

年末ですねー。忘年会シーズンということもあり毎日バタバタさせてもらってます!そっかー、だから1ヶ月近くもブログ書いてないのかーというとそれとは全く関係なくただのサボリです(笑)
で、そんな久しぶりのブログはというと先週12月4日、5日と福岡の博多まで行って来た事を振り返ってみようかなと。よく県外にはお酒の勉強会やセミナーとかで出張させてもらってるんですが今回は何とバイト!このクッソ忙しい時期にバイト!となりますがしっかり朝5時に起きて最低限の仕事の段取りをして行って来ました。

 

何で博多でバイト?

何で博多でバイトなの?ってなりますよね。実はこれには理由があり、博多のもつ鍋屋赤門屋を経営しているタキツバこと滝沢翼(@motsu_akamonya)とプロ野球日本シリーズ、広島カープVSソフトバンクの敗者は勝者の所に行き、タダ働きをするというバカ極まりない企画を打ち立ててたんです。
実はこの企画は2年前からやろうと決めていたのですが中々叶うことはありませんでした。企画した1年目はカープはリーグ優勝、ソフトバンクが敗れて叶わず。2年目はどちらも優勝したもののクライマックスシリーズでカープが敗れてまたもやお流れ。そしてようやく今年2チームが顔を揃えるという意外と時間が掛かったバカ企画だったんですね。はい。

 

 

そんなバカ企画にノってくる友人もチラホラと(笑)

今年はフットワークの軽い仲間とたくさん旅した気がします(笑)
11時に出発し昼食とトイレ休憩以外はほぼノンストップで6時間半。到着して博多感を全く感じず、すぐにバイトに入りました。そしてすぐにミーティング!繁盛店赤門屋の厳しさをいきなり肌で感じました!下の動画をご覧ください。できれば音を出してみて下さい。

ね?いきなりのピリピリモード。しかも18時半から満席状態って!!行く前は何とかなるだろうと思ってたけど、これはマジでやばいかなと思いました。

 

そしてバイトの様子

 

そして僕がバイトするからと行ってわざわざ来てくれた常連のお客さんや友達がいたり

 

もちろんバイト自体はしっかりとというか全く余裕なんてなく日が変わった0時半くらいまでしっかり働かせてもらいましたよー。やっぱりいくら店長の知り合いがバイトに来たからってダラダラしていたら他のスタッフに悪いですからね!お陰様で終わってから福岡ナイトを楽しむ気力なんてもう無かったっす!あ、ラーメンは食べたけど(笑)

 

 

遊びの中にもたくさんの学びがある

忙しい時期にバイト?しかも県外に?以前だったら絶対に考えれたかった事です。いや、怒られるレベルかも(笑)でもこの経験は僕にはとても大きかった。それは何故かっていうと飲食店さんは僕達酒屋のお客様でもあるから。もちろん地元の飲食店さんでもお願いすればできるかもしれませんが、このような罰ゲームというきっかけを利用して全く知らない土地で全く知らない環境で飲食店の経験ができるのはとても大きな事でした。

 

僕達酒屋はお酒の事を飲食店さんに説明する時は酒屋目線で話します。もちろんそれが悪いわけではありませんが、いわゆる教科書通りの説明で多忙な現場では通じない事もたくさんあります。
例えば、生ビールを注ぐのは正直余裕です。講習も受けてるし美味しい生ビールのことも僕は知っている。でも現場では通じないんです。要はスピードが無いんでどんどん発注が溜まってしまう。だからと言って急ぐと少し雑になって、16歳のバイトの女の子に「気泡が多いですよ!」と指導を受ける40歳の酒屋(笑)

あー、僕は飲食店の人達を分かってあげてる思っていただけで、実はなんにも分かってあげれてなかったんだなと実感した瞬間でした。本当に勉強になった!!

 

飲食業はお客様を豊かにする最高の仕事である

これは前々から思っていたことなんですが、自分がバイトをして確信しました。たかが1日で何がわかるんだと言われたらそれまでなんですがね(笑)僕が思う飲食業って言わば贅沢品の一つだと思うんです。だってご飯って家で食べれるでしょ?お酒だってスーパーやディスカウントストアに行けば安く買って飲むことができるんです。はっきり言ってわざわざ飲食店さんに行って高いお金を払う必要がない。では何故飲食店でご飯を食べに行くか?

料理が美味しいから?いろんなお酒が飲めるから?もちろんそれはあると思います。その部分は飲食店としたらとても大事だし自信も持って提供されてると思います。でもやはり一番大切なのは「体験」ではないかと思っています。

いかにお客さまを満足させるか

いかにお客さまに美味しいと言ってもらえるか

いかにお客さまを笑顔に笑顔にすることが出来るか

そしていかに心からお客様に「ごちそうさま」と言っていただけるか

自分たちの都合ばかり言わず、目の前のお客様を豊かな体験をしてもらえるように常日頃から考えていると思います。

飲食店でバイトという貴重な体験。飲食店の立場がわかるには飲食店を体験すること以外ないかと思います。僕のお客様である飲食店経験が出来た事を酒屋としてしっかり活かしていきたいなと思います。

 

みんな、ありがとうね!!

 

今日は以上です。ではまたまたーーー

 

あ、赤門屋は通販もできますからねー!!ご家庭でも本場のもつ鍋が食べれるからぜひ注文してみて!!野菜も全部切ってセットになってるからめっちゃ簡単だよ!そして超絶美味しい!!

赤門屋ホームページから注文できます!!←こちらをクリック!

 

 

 

 

 

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。「その先の笑顔の為に」を理念に飲食店さんを全力サポート!もちろん一般小売・全国発送もしています。広島カープ、ゴルフ、お酒を飲むことが好き。そして何より仕事も趣味も仲間とワイワイ楽しむのが1番好きです!Facebook、Twitter、ブログも日々発信してます!