2018年、私の今年の漢字は?

こんばんは、お酒のタニーズ専務の中川です。

毎年京都の清水寺で発表される漢字一文字。2018年、今年の漢字は「災」でしたね。

今年の漢字は「災」

思い返してもすぐに思い出すのが大阪での震災、西日本豪雨、災害級の暑さ、そしてたび重なる台風など天災が多い年でもありました。僕自身も7月には岡山県倉敷市真備地区にボランティア活動に行ったのですが現場の壮絶さは今でも目に焼き付いてます。

そんな大きな天災もあった平成最後の年、僕自身の今年の漢字1文字は何だったのかな振り返ってみました。そしてすぐにこの漢字が頭に浮かんできました。それが

 

 

「形」

 

 

です。

セミナーで聞いて来た事、自分の目で見た事、異業種の人達に別角度から教えてもらった事などインプットした事を少しずつ形にした年だったのではないかと思います。もちろんすべてが順風満帆では無かったですが継続してきた事から少し光が見え出したのも事実です。

形になって来たもの、これから形にして行くもの

月に一度勉強会をする「ツキイチ」という集まりがあるのですが、今年はここに多くの講師や現場で活躍されている方をお呼びして勉強しました。
Instagramを使って人気になり仕事に繋がっている工務店の方にインスタの使い方を教えてもらい、お酒専用のアカウントを作ってみたり。

ほぼビールのインスタ(笑)

 

 

自分の多くの失敗からコーチングを学びそれを教えている講師の方から色々教えてもらって、ミーティングの回数を多く取り入れ意識共有をする時間を増やしたり。

お酒が飲みたいだけちゃうで!

 

 

大手メガネチェーンの現場の最前線で活躍されている店長の話を聞いて、スタッフのモチベーションの上げ方や経営理念の浸透の大切さを確認したり。

このセミナーはヤバかった!

普段なかなか聞けない貴重な話をたくさん聞くことができました。講師の皆さん、本当にありがとうございました!

 

もちろん形になり始めたところなんで、結果や実績という形にはまだまだ程遠いです。ただ、0から1にする一歩がようやく踏み出せたのかなと思っています。そして目指すべき所を見据えて進んで行けるようにこれからも継続してやっていければいいなと思います。やはり何事も継続が大事ですから。

 

形にして行く事を理解してもらうには

新しい事をいいなと思って始めると必ず起こる事は摩擦です。特にいきなり何かに影響受けていい出したりすると反発や怪しい目で見られます(笑)自分が良いと思って取り入れようとしているのに何で分かってくれないんだろう?となり、価値観の違いのプレッシャーに押しつぶされて結果やめて行く。多分大体の人がそうなります。そういう自分もこんなに辛いなら辞めようかなと思った事もあります。だって普通に仕事しても給料変わらないし体も楽ですしね。でもずっとは今のまんまでは仕事は続かないし誰も助けてはくれない。だから理解されなくても変わらないといけないのだと必死でした。

そんな時、ある言葉でハッとなる事がありました。
それは尊敬する経営者の社長から「社長や親に感謝しているか?今まで引き継いでくれたのは社長や親だぞ!それを忘れたらいけない。」と言われた事でした。実は僕自身の行動は良くしようと一人で鼻息荒くなっていただけで周りの意見も聞かず、ただやっている感を出していただけでは無いのかなと反省しました。確かにそれでは誰からも理解されないし良くならない。

そこから社長や周りの意見をしっかり聞くようにしました。自分が出張に行った時は報告書という形で提出し、みんなに見てもらうようにもしました。そうすると不思議な事に僕がやろうとしている事を理解しようとしてくれるようになってきたんです。それは本当に嬉しかったですし、しっかり形にして恩返ししないといけないなとも思っています。

形にする事、して行く事は一人では出来ません。もしかしたら一人でやってのける人もいるかもしれませんが僕には出来ない。それに僕はタニーズスタッフみんなで、タニーズという「形」を作って行きたいとも思っています。まだまだ進み出したばかりですが、その先の笑顔の為に全員で楽しみながら仕事をしていければなと思います。

さぁー今年ももう少し!来年に向かって突っ走っていきます!!

 

 

今日は以上です。ではまたまたーーー

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。お酒の配送や飲食店さまのメニュー提案、お酒の販促、そして何よりお酒で繋がる笑顔のサポートをしています。Facebook、Twitter、Instagram、ブログも日々発信。趣味はゴルフ、お酒を飲むこと。好きな球団は広島カープです。エクスマ塾84期 マックスブログ塾10期