なぜビールを注ぐと泡だらけになるのか?

こんばんは、お酒のタニーズ専務の中川です。

桜も散り、ここ最近気温がグーンと上がってきましたね!気温が上がると断然飲みたくなるのがビール!風呂上がりにキューッと1杯とかもうたまらんです(笑)

そんなビールですがどこでも手軽に飲めます。堅苦しく無く、カジュアルに飲めるのがビールのいいところ!お店なら生ビールを飲食店のスタッフさんが美味しそうに注いでくれて持ってきてくれますよね!
では家飲みでは?缶のまま飲むのもいいですが、せっかく飲むならグラスに注いで飲みたい!でもなぜか泡が多くなるって事がないですか?そんな泡が多くなる原因をいくつか挙げてみました。

ビールを注ぐと泡が多くなるのはなぜか?

そもそも泡ですがビールサーバーの様に泡作りが出来る機能が無い限り、泡は自ら作らないと出来ません。注いだら出来るやん!ってとツッコまれそうですが、あれは「カニ泡」といってカニが泡立てる様と似ている事からそう呼ぶようになりました。カニ泡はスカスカですぐに消えて無くなり、ビールのうまみを閉じ込める蓋の役目ができません。
キメ細やかな泡と言えば、陶器のグラスを使うと出来ます。なぜ出来るのかというと、陶器は表面が凹凸なので注ぐ時にその部分にビールが干渉し、きめ細やかな泡ができています。ただ、きめ細やかな泡は出来ますが、それだけ泡立たすということは炭酸が抜けるという事でもあるので少し炭酸が弱く感じます。きめ細やかな泡かグッとくる炭酸かは好みですので、どちらが良いのかは飲まれる人次第ですねー。ちなみに漆を塗ってるのは表面がツルってしてるからグラスと同じで、陶器のきめ細やかな泡にはなりませんからね!
あ、少し話が逸れましたね(笑)ではでは原因を挙げていきましょう!

 

①振っている
そんな事あるの?ってなりますが意外とあります。夕食のお買い物と一緒に購入し、買い物袋で持って帰ると、意外とビールは揺れています。ビールを振るとやはり泡立ってしまいますので、ビールの在庫が少なくなって来たなら前日辺りから補充しておけば、問題なく飲めると思います。

 

②注ぐスピード
ビールを注ぐスピードが速すぎるとどうしても泡立ちやすいです。ビールの種類や外気温でもちろん変わりますが、注ぐスピードはなるべくゆっくり注ぐ事。できればグラスを斜めにしたほうがいいですね!
よき聞く注ぎ方で2度注ぎや3度注ぎなどありますが、基本、泡の下にゴールドの部分のビールを注ぐ時はゆっくりが基本ですからね!

 

③グラスを凍らせる
冷たいビールが飲みたいから冷凍庫に入れてグラスを凍らせる方もいると思います。気持ちはわかります!でもこれはグラスとビールの温度差が大きくなり、泡立ちやすくなります。通常、ビールは冷蔵庫に冷やしていると思うので、グラスも冷蔵庫に冷やしてもらうとビールとグラスの温度差がほとんど無くなり、泡立ちにくい美味しいビールが注げます。

 

④グラス洗浄がしっかりできていない
洗浄はしたけどグラスがしっかり洗えていないって事があります。原因は油汚れに使ったスポンジを使ったり、洗浄機に入れたりです。では洗えてないグラスはどうやって判断するか?それは気泡です。写真をご覧ください。

 

これはSさんが投稿した写真です。なぜか泡だらけになるというので最初は③のビールとグラスの温度差かなと思ったんです。でもよく見るとグラスの内側にたくさん気泡がついているのが分かりますか?気泡が付いたりすると一見美味しそうに見えたりしますが実はジーエヌ(NGの事)僕ら酒関係の人間は飲食店に行くと必ずと言っていいほどこの部分はチェックします。

ただ家庭では本当によくなる事なので、「洗えてないんだ・・・」って落ち込まなくていいですからね!うちもよくなりますから(笑)対策としてはグラス専用のスポンジを作るか、それができないのであれば油汚れが酷いものと一緒に洗わないようにするかです。スポンジは安価なものなんで出来れば専用を用意してもいいかもですね!そして乾燥は自然乾燥でね!

 

そんな感じでいくつか泡が多くなる原因を挙げてみました。もちろん他にも原因があるかもしれませんが、よくある原因って事なんで。特に④はSNSやネットなどでもよく見かけます(笑)
ビールをうまく注ぐコツはなるべく振らずに、しっかり手洗い洗浄したグラスを斜めにして、ゆっくり注ぐ。そうすれば泡だらけになりにくいと思うので、困った時は是非試してくださいね!

 

今日は以上です!ではまたまたーーー

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。「その先の笑顔の為に」を理念に飲食店さんを全力サポート!もちろん一般小売・全国発送もしています。広島カープ、ゴルフ、お酒を飲むことが好き。そして何より仕事も趣味も仲間とワイワイ楽しむのが1番好きです!Facebook、Twitter、ブログも日々発信してます!