本番の強さは見えない努力の積み重ね

注目の好カードは乱打戦

こんばんは。お酒のタニーズ 専務の中川です。

さてさて、先日の早実対日大三高の東京都大会の決勝のお話です。
注目は何と言っても早実の清宮選手。入学した1年の時から注目されて今年は3年生でキャプテンです。つい最近、入学して来たと思ってたのにもう2年経つんですね。ハヤーーーー。

 

昨日の決勝も人気の好カードで高校野球では異例のナイター。しかも神宮第二球場で行う予定だったのが、あの神宮球場で行いました。いくら東京大会といえど、一応は高校野球の地方大会。その試合に2万人の観客が入ったって言うんですからスゴ過ぎです!

神宮球場でナイターってテンション上がるだろうなー

そんな決勝も4時間を超える大熱戦。
両チーム合わせて36安打35得点7本塁打の乱打戦は早稲田実業がサヨナラ勝ちしました。超高校級が揃う両チーム、2本塁打の清宮選手やこれまた2本塁打の2年生の4番野村。日大三高のエース、清宮キラーの桜井投手は昨日はバッターに専念で最後まで温存。でも4安打1本塁打の活躍。4番の金成麗生(カナリ・レオ)の潜在能力の高さはまだまだ伸びそうな予感さえします。そんなスター選手が揃う2校は夏の西東京大会の第1シードと第2シード。
桜井投手を温存してリベンジを誓う日大三高か、勝って自信と勢いをつけた早稲田実業か、早くも目が離せません。

 

野球が好きだからこそ、努力を惜しまない

清宮選手のような天才と言われる選手が揃う名門校。このような高校野球のチームは全国各地にあります。そしてその高校でレギュラーになるような選手は才能あふれる選手が多いでしょう。もちろん、それを引き出す周りの監督やスタッフ、親や友達の力も大きいと思います。

一見、派手なスター選手はその表ばかり見えてしまいます。特に昨日の試合のような舞台を見ればなおさらです。でも彼らがあのような場所や場面で力を発揮できるのは見えない場所での影の努力があるからではないかと思います。
超高校級だからこそ、努力も怠らない。影の努力の部分こそが彼らの自信にもつながっているのだと思います。

 

好きなことだからこそ、一生懸命できる。
それは僕達の仕事でも趣味でも同じだと思います。
好きだからこそ、相手にススメれるし、作ったりできる。そしてその為には影の努力を怠らない。
人生のほとんどを仕事の時間に費やすのに、なんとなく仕事をすると言うことはなんとなく人生を過ごすのと同じだと思います。

僕も正直は、元々なんとなく仕事をしていました。このまま、なんとなくしていても今の状況が続くだろうと思っていました。でも間違いなく続きません。そして誰かがやってくれるだろうと言う他力本願でいても誰もしてくれません。
しっかり自分がこれから何やっていくのかと言うことを考えて行動していく。行動して失敗してもいいんです。その失敗はまた新たな経験になって成功に導くはずです。

 

野球という好きなことをして見える、真剣な眼差しやあの笑顔、そして悔しそうな姿を見て、まだまだ頑張らないとなーって思いました。

 

 

 

今日は以上です。ではではーーー。

 

 

 

 

お酒のことなら

〒768-0013
香川県観音寺市村黒町800
有限会社 タニーズ
電話番号:0875-25-3666
FAX番号 : 0875-25-9555

 

僕、中川浩行のSNSです。

image1  image3  image4

よろしければ覗いてみてくださいねー♪

プロフィール

中川 浩行
中川 浩行
香川県観音寺市の酒屋「タニーズ」の専務 中川です。「その先の笑顔の為に」を理念に飲食店さんを全力サポート!もちろん一般小売・全国発送もしています。広島カープ、ゴルフ、お酒を飲むことが好き。そして何より仕事も趣味も仲間とワイワイ楽しむのが1番好きです!Facebook、Twitter、ブログも日々発信してます!